ふわふわ。

 

「もう、計量しなくても、だいたいわかるんですよ。」

 

Bullianダイサポ・かおり先生の最後のプチ教室は、みんな大好き♡マフィン教室でした。

材料の計量から、生地をオーブンに入れるまで・・・レクチャー入れて15分あったかな?

「あっ」と言う間でした。

 

一応「教室」なので、スケール使っていたけれど、かおり先生、もう、わざわざ計量しなくてもわかるらしいです。

もうね、体の動きが「マフィンと一体」でしたから。

計量も必要なく、あっという間に仕上がるのは、あたりまえなのかもしれません。

 

かおり先生が、マフィンと過ごした月日を、見たような気がしましたね。

マフィンとの会話とか、成立してたんだろうな、きっと。

 

焼きたて「ほうれん草のマフィン」♪

 

こんにちは、Bullianプチスタッフ西田です。

 

ハイセンスでハイクオリティ、無駄な動きなくハイスピードでつくられる、かおり先生の料理たち。

見ている限りでは、どちらかというとシャープなイメージなのに、その仕上がりは、ほわんとあたたかい。

 

 なんか、かっこいいわね。

そのギャップ。


 

 

このかおり先生の料理で、「健康」にアプローチができたことは、今考えてもつくづく至福でした。

自分が心からおいしいと思うものを「おいしい!」と言い、ハイクオリティだと思うものを「イイです!」と叫び続けた日々。

飾ることも、嘘をつくこともなくまっすぐに。

しあわせでした。

 

「おいしい」モノがそのまま「健康食」な世界は、健やかそのもの、疑惑も不安もない世界。

気張らなくても、フツーに感謝しちゃうし、食べ過ぎたりもしない。

自分や他人の健康までがありがたく、私がのびのびと生きることで、誰かにお返しをしたいような気持ちになる。

「誰にお返しを?」

それは、わからんのだけれど。

 

「おいしい」が「健康」ならば、人は、おいしものしか食べないしつくらないのではないかしら。

「おいしい」が「健康」で「感謝」なら、健康食しか存在させないでしょう。

「おいしい」が「健康」で「感謝」で「のびのび生きよう!」なら、なおさら。

世界は単純で、わかりやすく、うまくできているのではないかしら?

これって難しい?

 

 

かおり先生のマフィンは、ふわふわだ。

このふわふわが、教えてくれたことは大きくて、ふわふわが世界を変えることもあるかもなー。

と、私はいつも思ってきたし、今も思っている。

 

 

「ふわふわマフイン、私に焼けるかな?」

かおり先生に聞いてみたら、

「大丈夫。絶対焼ける!」

と言われた。妙に嬉しかった。

 

 

 BullianStyleダイエットサポートは、2018年をもって終了いたします。

 

 

今まで応援してくださったみなさん、そしてこのブログを読んでくださったみなさん、ありがとうございました。

 

2019年、Bullian最初の目標は、まず「休むこと」。

なので、先のことは未定です。

 

「休むこと」に集中するためにも、来年1月は、あともう少し、やるべきことに集中する時間となりそうです。

 

このブログは、どうなるんだろう?

それも、未定。ふわふわにしておきます♪

 


    BullianStyle 

ブリアンスタイル

名古屋市中区錦3-5-13
OKUNIビル6F
☎ 052-971-2700

https://www.bullianstyle.co.jp/