「シンプル」へ飛び込め。

 

BullianStyleな「食」が、驚くほどシンプルであることは、ブログやFacebookにもたくさん書いてきました。

 

「え、これだけ!?」

Bullianダイサポ商品の材料表示も、笑えるほどシンプルです。

 

シンプルな「食」の、何に驚くかというと、もちろん、その「おいしさ」です。

今まで見えなかったモノが見え、聴こえなかったモノが聴こえる・・みたいな。

 

「どうして今まで気づかなかったんだろうか?」

という事を、いろんなものを手放した、素のカラダで感じることです。

 

レタスのひだの口あたりや、リンゴの皮の繊細な渋み、レモンがまとめる完成度高い酸味。

今まで散々食してきた、おなじみの食材が違って見える瞬間です。

 

採れたての野菜を、川の水で洗ってかぶりつく・・・という「シンプル」とは、似ているけれどちょっと違う。

 

 

こんにちは、Bullianプチスタッフ西田です。

 

 

私としては、非常にエクスタシーを感じる感覚で、原始的な価値観に触れたようで、嬉しすぎて怖いです。

なので、なるべく静かにしていたい。

おかしくなるのではないかという恐怖と、おかしく思われるのではないかという心配。

 

Bullianには「健康食」を学びに来たのであって、エクスタシーを感じに来たのではないのだよ。

エクスタシーって、なんかエロティック。

だから、なるべく静かにしていようと。

 

 

植物性素材と、少しの調味料で広がる世界は、いろんな食材と複雑な調味料で作られるソレとは違っている。

原始的な感覚さえ取り戻せば、前者の方がはるかに広い。

自分の元々の感覚を使って得た「おいしい」という体験は、なぜか懐かしく忘れられない。

 

 

「おいしい」=「健康食」

Bullianでは、この数式があたりまえであり、「食」からエクスタシーは感じていいし、静かにしている必要もない。

そう感じることができた。

「おいしい」が健康につながる感覚、ヒトが健全に生きようとする感覚は、エクスタシー以外の何モノでもないやろ。

と、思えた。

 

 

元々あるものを表に出さず静かにしているのは、いろいろあるんだろうけれど、出せる環境が少ないのかもしれない。

お行儀良くとか、誰かに遠慮とか、自信がないとか?

 

 

元々あるものって、なんか怖いしね。

元々を見て、がっかりすることがあるかもしれない。

元々が制御できない程、暴れることがあるかもしれない。

得体が知れなくて、見る勇気がない。

 

 

だから、既成のモノやみんなと同じものでカバーをして、ひとまず安心する。

毎日せっせとカバーする。

そういうのないですか?

 

 

食事の度にBullianStyleな「シンプル」を実践すると、元々あるものと、とても仲良くなれる。

本当の元々は、本来、ああやこうやして繕うものではない。

がっかりするもんでもなければ、制御するもんでもない。

カバーして覆い隠すくらいなら、裸にして洗練すればいい。

 

1日に3回食事をした日は、3回こう思う。

毎日食事をしたら、毎日こう思う。

積み重なる。

カバーが外れる。

 

 

これ、「食」習慣のとても興味深いところ。

Bullianじゃなきゃ、気づかなかったところ。

 

 

怖がらず、シンプルへ飛び込むことを、私は静かにお勧めいたします。

 


    BullianStyle 

ブリアンスタイル

名古屋市中区錦3-5-13
OKUNIビル6F
☎ 052-971-2700

https://www.bullianstyle.co.jp/