小さな企み。

 

「平成サイゴの」という、変な煽りにはビクともしない私が、「Bullianダイサポ・サイゴの〇〇」には、グラっと来ています。

12月は、Bullianダイサポ、いよいよ最終の月です。

 

 

こんにちは、Bullianプチスタッフ西田です。

 

 

ダイサポ・会員限定のメールマガジン配信は、毎月1・11・21日。

Bullianダイサポ・サイゴの「1日号」が先日、配信されました。

 

今月の特別商品のご紹介や、様々なご案内など「1日号」は情報満載。

内部的なことですが・・今だから言いますが・・「1日号」担当の友美先生は、タイヘンだったと思います。

ツラツラと好きなことを書けばいい「11日号」(西田担当)とは違いますから。

 

 

友美先生サイゴの「1日号」は、「感謝の気持ちをこめて」というタイトル。

会員のみなさんへの感謝の言葉と共に、友美先生の「BullianStyle」との出会いや、ダイサポを振り返っての想いが綴られていました。

Bullianダイサポの「文字で表される情報」は、すべて友美先生がベース。(あ、写真もだな。)

ブログは私が書くことが多いですが、情報については、すべてこのベースを引用しています。

だから、私は引用するだけ。楽チンです。

 

文字の媒体、たくさんありますね。

 

ブログ担当ということもあり、ご案内の文章等については、夜な夜なメールで相談し合ったりもします。

 

 

ご案内というのは「わかりやすさ」が大切で、非常に事務的なもの。

と、私は考えます。

字数は少ない方がいいし、表現も簡潔なものがいい。

コレ、志保先生に随分鍛えられましたね、二人共。

ガンバリました(笑)

 

 

文字&レイアウト、重要です。

 

ずっと、感心していたことがヒトツ。

友美先生の文章には、必ず、受取るみなさんへの気持ちがのっている。

自然にのっちゃっている。

いつもそうなのです。

無い時がないの。

 

 

「わかりやすく・簡潔」を重視するならば、「これはイラナイ!」・・と、私は友美先生の元文章を、バッサバッサとカットしてきたような気がしています。

そういうの得意ですから。

志保先生の言う「簡潔」は、そういうイミではなかったのにね。

 

ダイサポのサービスには、私、自信があるので、いつもイケイケ。

そのうちに、会員のみなさんや志保先生・スタッフのことなんて、見えなくなるのです。

Bullianを愛すればこそ・・ではあるのですが、視界が極めて狭くなる。

 

 

友美先生の文章を見るたびに、実は、いつも「ハッ」としていました。

 

「大切なとこ、見えてるか私?」

 

「ハッ」とした後は、いつもこっそり、反省していました。

 

 

カスタマイズやコース変更等のご相談も、友美先生が、電話やメールで直に対応。

親切なフォローは、あたりまえといえばあたりまえです。

ダイサポサービスのヒトツなのですから。

 

でも、私にはどうしても思いつくことができない(気づかない)対応をこまめにしていて、いつも感心。

気づかない自分が、恥ずかしくなることが多々ありました。

 

そして、その度に、またこっそり、反省でした。

 

 

『定期便』に同封される〈友美先生手書きのメッセージ〉が、みなさんにとても喜ばれていたことを、いただいたお便りから知りました。

あの毎月の一言、一筆の小さな存在が、とても大きかったことを、たくさんのみなさんから教えていただきました。

 

 

Bullianダイサポの運営に、プチなりにスタッフとして携わり、得た事はたくさん。

頭だけで考えて仕事をすると、とても残念なというか、無意味というか、いわゆるしょーもないモンしかできないことがよくわかりました。

 

「こうしたら喜んでもらえるかな?」

「お困りなのではないかしら?」

「ちょっとびっくりさせちゃおう♡」

「一緒に楽しみたいぞ☆」

こういった小さな企みを、友美先生はよくしていたように思います。

そして、とてもタイヘンそうだったけど、楽しそうでした。

 

対価を払って何かをしてもらう際、一番欲しいのはこういう事だよな、と思いながら見ていました。

 

マニュアル化とかは絶対できない、その人らしい「小さな企み」。

通い合ったものが、たくさんあったんだろうなと思う。

 

 


    BullianStyle 

ブリアンスタイル

名古屋市中区錦3-5-13
OKUNIビル6F
☎ 052-971-2700

https://www.bullianstyle.co.jp/