それにしても、おいしい。

 

「それにしても、おいしいなぁ。」

最近は、そればかりつぶやいています(笑)

 

〝それにしても〟のそれを、私はこのブログに綴ってきたつもりです。

ちゃんと伝えること、できたでしょうか?

 

 

こんにちは、Bullianプチスタッフ西田です。

 

 

それは、一言で表すには難しいけれど、強いて言うなら『Bullian的に当然なライン』の事なのだと思います。

おいしいとか健康はあたりまえで、どうおいしいか?なぜ健康か?までもが、最近では極まってきていると思います。

随所に宿る感じ。

 

いくらでも時間があり、コストがかけられるわけでもなく、「定期便」というスタイルの中に全てを集める。

制約があるからこそ、アイデアが浮かび、特許が取れるような「技」が生まれてきました。

特許、取らないケド(笑)

 

例えば、パッケージひとつをとってみても、とても勉強になりました。

・美しくて可愛い♡

・利用しやすい

・飽きずに楽しい♪

 

これって、意外に大事。

↓●ドライフルーツ・パッケージの変遷

パッケージに限らずですが、スタッフ全員が会員となり、実際に手に取って利用してみて、改善点やアイデアを出し合い、チェンジしていくことの楽しさったらない。

それも、制約の中で効率も考慮。

 

Bullianスタッフは、制約があった方が燃える傾向にあると思います(笑)

 

その楽しさを、知ってしまったからでしょうか?



ある昼下がりに、スタッフの誰かから突然のメール。。

 

「これ、どうにかならないかなぁ?」

 

仕事中であっても、移動中であってもスキマを見つけて考える。

アイデアは、時間をかけりゃいいってもんではない。

1分でひらめいたスピードアイデアが、実は一番良かったりすることは多い。

 

それを、スタッフに、メールでわかりやすくスピードプレゼン。

毎日顔を合わせるわけではないから、今、言わなきゃ。

画像を付けたり、絵に描いてみたり、文章工夫したり。

Bullianスタッフ、これ上手です(笑)

 


↓●シールもいろいろありました


 

こんなことを、日々繰り返してきたように思います。

 

必要に迫られると、ヒトは鍛えられるもんだなと実感しています。

そんなこんながあると、日常への目線は変わり、世界が新しく、そして楽しく変わっていきます。

 

それにしても、なんというおもしろいコトをやってきたのだろうか。

Bullianダイサポ、年内終了を前に、「それにしても・・」なつぶやきは増えそうです。

 


    BullianStyle 

ブリアンスタイル

名古屋市中区錦3-5-13
OKUNIビル6F
☎ 052-971-2700

https://www.bullianstyle.co.jp/