枝豆愛。

 

BullianStyleダイエットサポート

今月の特別商品は、

 

酒粕チーズ入り枝豆カレーフィン」★★

 

さくふわしっとり♡

 

この三重奏が、かぐわしい粉の薫りとともに、優しく私を癒すBullianのマフィン。

癒されるマフィンってないでしょう?

他ではもう満足できない。

 

こんにちは、Bullianプチスタッフ西田です。

 

そのマフィンに、今夏は、スパイスをプラス。

酒粕チーズもプラス。

そんでもって、枝豆。


 

 

盛りすぎではないかと、案じたのは私だけだったようで。

 

このあたりのバランス感覚、かおり先生に任せておけば間違いない。盛りすぎどころか、活かしあうそれぞれの、何と愛らしいことか。

 

計算してた?ちょい、感動したわ。

 

それにしても、枝豆。ナカナカの存在感。これには感動を超えて感心しました。

 


かおり先生の「枝豆は、世界一らしい。

 

そういえば、私にも熱く語ってくれたっけ。

Bullianで知ってしまった『焼き枝豆』の思い出。

 

食事会でも、登場回数の多い「枝豆」。

見ると、つい買ってしまう、かおり先生の仕業です(笑)

 

枝豆って、嫌いじゃないけど愛するほどではない。

あると嬉しいけど、なくてもいいよな存在です。

普段は忘れているような。そんなことないですか?

 

でも、よくよく見るとめちゃめちゃ可愛い。

さやに入った姿も、つるんとした中身も。

 

んで、よくよく味わってみるとめちゃめちゃおいしい。

お豆な割にあっさり、でも程よいコクもあり、独特のもっちり食感。

スパイスや和風なモノとも相性が良く、茹でたり焼いたりで表情も違う。


 

おいしい料理を作る人って、こういうポイントを見抜くのが上手。

だからおいしいモノが作れるのかな?

枝豆だって、こういう人に料理されたいよね。「最上級の私を発揮しちゃうわ♪」って思うでしょう。

 

 

かおり先生の料理からは、今まで見えなかった野菜や果物の顔がみえる。

 

 

私はこれが、たまらないんだと思う。

 


CLICK!!

 

     一般社団法人

BullianStyleローフード協会 

ブリアンスタイル

名古屋市中区錦3-5-13
OKUNIビル6F
☎ 052-971-2700

https://www.bullianstyle.co.jp/