ゲルソン療法対応メニュー◆食事会5/29

◇グリーンジュース

◇人参りんごジュース

 

 

「スムージー」ではなく「グリーンジュース」からスタートした5/29の食事会。

「グリーンジュース」の次は、「人参りんごジュース」へと続きます。

 

そうです、今回のBullianStyleダイエットサポート食事会は『ゲルソン療法対応メニュー』。

 

講座ではおなじみですが、食事会で登場するのは初めてですね。


 

こんにちは、Bullianプチスタッフ西田です。

 

Bullian講座で「治療食と健康食の違い」を学ぶ上で、『ゲルソン療法』について初めて触れた私。

この学びはとても大きかったように思います。

 

治療食の厳格さへの驚きと、その無駄のなさ、中心を捉えた療法の確立に、感動したのを覚えています。

あれがダメでこれはイイ?

最初はワケが全くわからない「ゲルソン食」についても、志保先生の講義で視点を変えると「なるほど」と理解することができました。

 

世の中には、星の数ほどの「療法」や「治療食」と呼ばれるものが存在し、その理論は似ているものもあれば相反するものもある。

その、一件おかしな事実にも納得することができました。

 

身体の機能然り、病の原因然り、健康然り、療法然り・・愛でしかないんやろ?と思いました。

極端な個人的意見ですが(笑)

 

◇フルーツとグリーンのサラダ

◇ヒポクラテススープ


 

まあでも、そんな感動的なことを、私はすぐに忘れてしまう。

Bullianダイサポ・オンラインショップに常時ある「ヒポクラテススープ」。

定期的にこれをいただくことによって、身体全体で思い出すようにしています。

 

「治療食」はそれくらい、身体で感じるものがある。

これを治療として継続したら、どんなものでも治癒するだろう・・と思ってしまうくらいの。

 

当日ご出席のダイサポ会員・Mさんもやっぱり、身体で感じていらっしゃる。

ほらね、私だけではないのです。↓↓↓


 

ゲルソン療法。


聞いたことがない人が多いと思う。


がんの治療のための食事療法。


私はローフードを勉強する過程で知りました。


昨日はBullianStyleの食事会で、久しぶりにゲルソン食をいただきました。


スロージューサーで作ったジュースは、細胞まで浸透していく感じがわかります


スムージーとはまるで違う。


からだに負担をかけない材料と調理法。


見た目とちがって、これだけでもかなり満腹になります。


満月の夜🌕に、からだ中の細胞の隅々まで栄養が行き渡り、心もからだも満たされた夜でした。

😊

《MさんFacebookより》

 


◇焼き野菜

◇煮野菜 オートミール

◇焼きりんご ミントティー


 

ご参加くださったみなさん、ありがとうございました♪

いつもとは違う試みは、また新たな風を吹き込んでくれたようです。

また再び、開催したい食事会でした。

 


CLICK!!

 

     一般社団法人

BullianStyleローフード協会 

ブリアンスタイル

名古屋市中区錦3-5-13
OKUNIビル6F
☎ 052-971-2700

https://www.bullianstyle.co.jp/