真夜中のポテサラ。

 

生活の中には、いろいろと諸事情がありまして。

 

地球上でたった一人で生きているわけではないし、仕事だってしているし、やりたいことや、やらねばならぬこともある。

別に嫌なわけではなく、避けたいわけでもないけれど、諸事情は重なる。

 

だから、真夜中にだってあるのです。

キッチンに立ち、「ポテサラ」をつくることが。

 

こんにちは、Bullianプチスタッフ西田です♪

 

「ポテサラ」をつくるのだと、友美先生が、私にこっそり宣言したのはもう随分前。

Bullianダイサポ・食事会で、かおり先生がつくった「キタアカリの和風ポテサラ」を真似してみるのだと、それぐらいおいしかったのだと教えてくれた。

 

お互いに諸事情があったので、その話題はそれっきりどこかへ。

 

昨夜突然のポテサラ画像受信。

諸事情あり、キュウリがなくて再現は諦めたが、Bullianダイサポのおかずアイテム「ひじきの煮物」で「ひじきの煮物ポテサラ」をつくったのだと。

 

これ、おいしいんだよね♡

今回はちょっとアレンジで、梅酢も入れてみたのだとか。

あー、なんかいいかも♪

 

真夜中のポテサラ。

諸事情ゆえの出来事。

 

私にも、幾度となくある、真夜中のBullian。

それも諸事情ゆえ。

 

真夜中ならば、つくらない・食べない・・という選択もあるけれど、つくる時も食べる時もある。

それが、諸事情。

 

Bullianがあってよかったなぁと実感する、真夜中の諸事情。

私には、実は、よくある諸事情。

 

単に小腹が空いたダケではないの。

諸事情と食べ物の関係をイチバン感じることができる真夜中。

Bullianの威力を感じるのも真夜中。

 

真夜中にBullianを食べてね、と言っているワケではないのよ。

 

生きている限り、人は食べるし、諸事情もあるというハナシ。

 


CLICK!!

 

     一般社団法人

BullianStyleローフード協会 

ブリアンスタイル

名古屋市中区錦3-5-13
OKUNIビル6F
☎ 052-971-2700

https://www.bullianstyle.co.jp/