おいしいの記憶。

 

いろんな本を読んでみたり、映画を観みたり、自然に触れたり・・。

心に残る体験とやらは、年齢とは関係なく、どうやら数限りなくあるようです。

 

忙しく過ぎていく日々の中で、できることならば、いい状態でストレートにそれらを感じたい。

ただそれだけです。

 

こんにちは、Bullianプチスタッフ西田です。

 

煩悩まみれの私が(笑)サイゴまで死守したいものは上記のような事柄でして、だからこそ私はBullianStyleです。

近道だと思うので。

 

スタッフ智子さん、志保先生とお出かけ中の、絵になるショット♪

 

先日、スタッフ智子さんが我々スタッフに、あるものをつくってくれました。

 

今後の試作も兼ねているので、内容はヒミツです。

(ごめんなさい!)

 

それは、今まで見たことも聞いたこともない品種の果物でして、

それを「え!」という道具を使って飲み物にしてくれました。

 

道具、、、調理器具です。

使い方は知っていたけれど、飲み物にも使うんですね。

 

スタッフのみんなは知ってた?

知らなかったのは、私だけかも。

 


 

その果物をいただく手段として、智子さんがそれを用いたのはなぜだろう。

 

私は、その飲み物を飲んで死にそうになりました。

老眼のお目々がパチクリ、髪の毛はちょっと逆立ったのではないかと思います。

 

智子さんは、たぶん・・・。

「こうやって食べたら、コレのイイところ、更にわかりやすく出せるかな?」

と、思ったのではないかと、勝手に推測しています。

 

たぶんですよ、それをそのまま食べるよりも、きっとおいしい食べ方なんではないかと。

 

んー、ちょっと違うな。

 

それを、そのまま食べただけでは見逃してしまうイイところを、私でも見逃さないようにしてくれた?

の方が近いでしょうか?

親子仲良くパワーチャージ中?また、分けてもらいマス私。


 

Bullianでは、こういう体験をよくします。

プチスタッフになってよかったなと思います。

 

もしかしたら、こんな体験は特別なことではなくて、誰でもの日常にあることなのかもしれません。

でも、私は見逃してるのだと思います。圧倒的に。

 

ちょっと恥ずかしいですが、〝心に残る体験〟は、私の場合、食べることがイチバン響きます。

読んだり観たり触れたりよりもイチバン。

 

「おいしいの記憶」が、今のところイチバン信頼できて、イチバン私を動かします。

逆に言うと「おいしいの記憶」を変えれば、私は動けるし、信頼を持てるでしょう。

 

Bullianがあってよかった。

 

私と同じ様な人、たぶんたくさんいると思うけどな。

BullianStyleダイサポ、試してみたら?

 


CLICK!!

 

     一般社団法人

BullianStyleローフード協会 

ブリアンスタイル

名古屋市中区錦3-5-13
OKUNIビル6F
☎ 052-971-2700

https://www.bullianstyle.co.jp/