いつもコツコツ。

 

本日、無事我が家に届いた定期便。

 

 

今月からは、オプションもつけてみた♪

なんか変化あるかな?

楽しみです。

 

 

こんにちは、Bullianプチスタッフ西田です。

 

 

可愛くてぬくもり感じる「月刊Bullian新聞」と定期便納品書。

 

いつもキチンと入ってます。

 

 


 もっと、ぬくもり感じるモノが入ってる。

 

 

友美先生の手書きのメッセージ。

 

 

私にだけの内容がいつも書いてあるから、

会員の方全員に、いつもコツコツ書いてるんだろうな・・・。

 

 

こういうのは、特に要らないタイプなのですよ、私は。

パソコン入力でいいんですよ。

 

ぬくもりなんていらないんですよ、もうっ!

 

嬉しいやん・・(T ^ T)

 

 

 

かおり先生試作です。

 

もう、既においしいやん。

 

天才だから、こういうのすぐできるワケ?

それとも試作段階までにイロイロ考えた?

 

どちらにしても・・・いつもコツコツやってるんだろうな。

 

また、ここからかなり進化させるんやろ?

知ってます。

 


進化して届くのは、来月頃かしら?

 

「ものづくり」の過程に触れるのって、本当にワクワクする。

スタッフでいる事のイチバンの醍醐味。

プチスタッフでも充分味わえるワクワクです♪

 

 

 

「食」に関心の高い方なら、必ず見てる食品裏面の「成分表示」。

小さな食品の中に、おびただしい数の成分が表示されていて、驚くことはありませんか?

読むのにも、ちょっと時間を要します。

 

しかし、真剣に読んだところで、そのほとんどが何のことやらサッパリわからない。

これって私の勉強不足?

知らないモノが多すぎる。

 

 

Bullianのはすぐ読めるな。

しかも、全部知ってるモノ。

 

 

シンプルなのですね。

 

 

「シンプルな材料で、おいしく仕上げる」

これって、難しいんじゃないのかな。

 

おいしいだけじゃなく、なんというか、上手に仕上げるのも難しいハズ。

勝負みたいなトコも、あるんじゃないかしら。

 

色んなモノ使っていいなら、それはないと思うけど。

 

 

私が考えてもみなかったコトを、智子さんが注意深く吟味していたりする

 

 

いつもコツコツ・・・やってるんだろうな。

 

 

 

 

 

 

「成分表示」のシール作成は、新スタッフ間瀬さんの担当。

 

最近は、原材料に加え、お召し上がり方の記載も充実してきた。

 

冷凍庫からパッと取り出した際、瞬時でわかるおいしいお召し上がり方。

パーソナル定期便の私は、スムージーやおかず、スープにお菓子・・イロイロあるからたすかる。

いちばんおいしい食べ方は、それぞれ微妙に違うから。

 

こういう表示は、たいていの場合、老眼にヤサシクナイけれど、Bullianのは見やすい。

間瀬さんの愛を感じる(笑)

 

「裏」な存在の割に、責任の重い「成分表示」の仕事。

正しくキチンと・・・は意外に難しい。

いくらシンプルな内容でも「表示」となると、書きゃいいってモンではなくなる。

 

 

だからいつも、コツコツやっている。

 

 

サポートするという行為に、コツコツは欠かせない。

コツコツできない事情があるから、任されている。

 

そこを、本当に真面目にやっている。

地味なことを、飛ばさずにやり抜いている。

 

側で、見ていて確信します。

 

コツコツを、Bullianは端折りません。