クオリティを支えるもの。

今日もやってマス。

アスパラ、スナップ、パセリ・・・。

 

そして、また今日も・・やっておりマス。

 

何を?

ダイエットサポート・メニューの「試作&試食」です。

 


 

 

ダイサポのパーソナル定期便、スムージーやスープはもちろん、ほっこり和食のおかずや、スパイシーカレー、そしてご飯におやつ・・。

 

ものすごいラインナップだと思いますが・・実はコレ、どれもBullianダイサポの「定番品」なのですよね。

スープやおかずのメニューは季節によって変化しますが、それはもう、特別なことではない。

ダイサポの歴史が育んだ、愛すべき定番の数々。

おなじみの味。

 

 

考えてみると、贅沢だな・・Bullianの定番。

 

こんにちは、Bullianプチスタッフ西田です。

 

今月のパーソナル定期便、その定番品に加え、

「新玉ねぎのピラフ」

が届くらしい。

 

「定番品だけで一生大丈夫です。新商品必要ないです。」と思っている私の気持ちが、フッと上がる。

 

今だけの旬の新玉ねぎを、フツーのピラフではなく、今だけのピラフに仕上げたかおり先生は、ナカナカですわ。

 

「新玉ねぎ」の存在に祈りたくなったわよ。

 

ありがとう❤️

 


 

「新玉ねぎのピラフ」は、実は以前の食事会に登場した好評メニュー。

 

 

それを、改良。そして試食。

そしてまた改良。そして試食。

 

を繰り返しました。

 

 

そこまでしないと、定番品を上回る「お楽しみ」にはならないものね。

お楽しめないから(笑)

 

 

最初の試食の時はね、志保先生も一緒でした。

逃避行の前でしたから・・。

 

あの時の「新玉ねぎのピラフ」もおいしかったけれど。

さらに改良を加え。

もっとおいしくなったというのに。

いったい、何処で何してるの???


 

辛口な志保先生不在の「試作&試食」は、かなり緊張します。

慎重にならざるを得ない。

 

志保先生から辛口な意見をもらって、それを改良するのは、実はラクでしたからね。

ダイサポ会員さんに、堂々と提供できる自信も持てる。

 

 

ところがね、今は違うわけで。

スタッフは、それぞれ、かなり頑張っています。

 

 

それは、「試作&試食」だけに限らずで、全てに共通していることなんですね。

考えたら、あたりまえのことなんですけれど。

 

 

イヤー、私なんかはスタッフの頑張りを見る度に、もう全てが100点満点なんですよ。

ついでに自分も80点ぐらいで(笑)

 

ダメですね。

冷静で客観的な視点を持たないと。

そのことで、失敗も多々経験しておる日々です。

 

 

自分の信頼できるモノを、総動員していくしかありません。

結構、薄っぺらな自分を思い知らされたりする中で。

 

 

あら、なんか暗くなってきましたけれど。

実は、楽しいんですよ♪

 

 

Bullianのクオリティを支えているものがなんなのか、ちょっとだけわかったような気がしてきて。

 

 

そしてそのクオリティに、可能性を感じて。