素敵な宵と「いってらっしゃい」

まだちょっと肌寒い3月の終わり、それでも名古屋では桜がチラリホラリ。

Bullianスタッフのみんなと、ワインなどいただきながら、おいしい宵を過ごして参りました♪

もうすでに心強い存在、NEWスタッフの間瀬さんも一緒に♡

 

 

こんにちは、Bullianプチスタッフ西田です。

 

志保先生に教えていただいた素敵なお店にて、嬉しそうな私↑↑

 

ちょっと遠方から来る私を気遣って、

「今度は私たちが西田さんの方に行くからね。」

と言ってくださるけれど・・・私、喜んで来てますからね(笑)

それが顕著に表れておる画像です。

 


「お野菜だけで」と、友美先生がお店にリクエスト。

毎度のことながら、友美先生、気が利くやん♪

 

お店の方によると、最近はそんなリクエストも多いとのこと、こころよく、そして丁寧に対応してくださいました♡

 

 

今回の集まりはなんの会?

 

①研修を終え、スタッフテストに合格した間瀬さんの歓迎会

 

②ここのところプライベートレッスンや食事会にも出掛けることができなかった、Bullianレスな私をかまってくださる会

 

③逃避行オメデトウ?な志保先生の壮行会

 

のような長いタイトルがついておりました(笑)


 

 

 

久しぶりな私は嬉しさあふれ、とにかく質問攻め。

直接聞いてみたいことがたくさんあったんだもの。

悪気はなかったのだが、最初から最後まで、私の質問コーナーで終わってしまったような気がして、今頃反省しています。

みなさんごめんなさい。

 

たくさん質問をしたのは、このブログでBullianのことを、もっともっとリアルに書くための取材のつもりでした。

Bullianは知れば知るほど魅力的。

でも、知れば知るほど、それをリアルに伝えられない「ジレンマ」が生まれるのです。

 

私が『Bullianマニア』なだけで終わっていいのならばそれでいいのですが。

いつのまにか健康で元気になんてこと、そんなことを知ってしまったからには黙ってはいられない。

 

これを暴くのは私しかいない!・・・という勝手な使命感にやられています。

 

いや、隠しているのではないのですけれどね。

見えにくく、気付かれにくく、チョイスされにくい部分はあると思います。

良くも悪くも。

 

スタッフからは毎週会議報告も受け、メールのやり取りも密にしていますが、実際に会って話すということは、私にとってとても大切。

あたり前なことをあたり前に感じた宵でした。

 

 


 

 

えー…、いろいろ思うところありまして。
BullianStyle高野志保は
しばらくの間、お暇をいただきます<(_ _)>

.
直接、間接にきっかけをくれた
今までの私に関わってくれたすべての皆さん。

驚きながらも
いかにも私らしいと笑顔で見送ってくれる友人。

残されて任されて責任重大だけど
行ってきてください!と言い切るスタッフたち。

ダイエットサポート会員のMさんからも
たった今、こんなメールをいただきました。
↓↓↓
こんばんは(≧∀≦)
今日、生徒さんにブリアンのスープ飲ませてあげたら、さっそく帰って申し込んだらしいです笑
Nさんです、よろしくお願いしますm(_ _)m
ーーー

.
なんだか、、、
独りで必死でやっていた数年前までは
こんな1つ1つの出来事に感謝する余裕もなく...。

こうして逃避行させていただける身になり
たくさんの人に支えられている有り難さを
しみじみ感じています。
.
置いていくもののことを考えると
後ろ髪をひかれるような気持ちになって
一時は逃げるのやめようかとも思いましたが
休んでみることで見えてくる幸せも大きくて。。
.
だから、やっぱり
自分の直感を信じて行ってきます♪

.
帰る場所があって幸せです。
帰ってきた時には、今以上にもっともっと
自分も
自分の居場所も、好きになっている気がします。

みなさん、ありがとうございます♡

ごきげんよう(^o^)/~


↑↑↑4/11の志保先生のfacebook投稿。

 

 

ホントに行っちゃったみたい。。。

代表なのに行っちゃった。。。

 

またまた、まだまだ、Bullianからは目が離せそうにありません。