デキる女とカンと食べもの。

デキる女に憧れる。

デキる女・・理解の仕方は人それぞれでしょうけれど。

 

気が利いて優しく、美人で、ユーモアがあり家事も仕事も両立できて・・・。

↑こういうのが一般的かな?

 

年齢を重ねると?強欲になり、もう少し違った面白みや深みにも憧れます(笑)

 

まあ、そんなことはどうでもいいのですが。

 

こんにちは、Bullianプチスタッフ西田です。

 

↑髪を切ったかもしれないデキる女。

 

デキる女は効率が良いのだと思います。

スピード感が全てではないと思うけれど、思い悩まなくていいことを思い悩んでいる暇はないと思う。

男も女も。

 

誤解を恐れずに言うと・・・。

自分のカンで進んで失敗した方が早いような。

 

 


 

自分のカンを信頼する方法は、世の中にゴマンとあろうかと思いますが、

その一つがBullianである事は確かです。

 

 

①「定期便」が届く

②解凍する

③いただく


 

こんな習慣を、少しでも取り込んだなら、

自分にカンがあることがわかるでしょう。

 

「ここは思い悩むトコロなのか、そうでないのか」ぐらいは当てられるようになります。

鈍感な私でもそうですから。

 

自分のライフスタイルに合わせてコースが選べ、オプションも付けられるシステムは、今更ながら使い勝手が非常に良い。

ブラボー!ダイサポ

 

 

いつものご飯やお弁当にスープだけプラス♪とか。

おやつにしっとりドライフルーツ♡とか。

一人分「ご飯系」は便利さ毎回実感・・とか。

 

 

毎日の食事のどこかにBullianStyleなアレンジを入れるのは楽しい。

 

 

カンが冴えるのは、そして養われるのは、

もっと楽しい。

 

 

自分で作った料理や、普段食べている料理とのコラボもなかなか面白い発見がありますよ。

 


 

「デキる女と食べもの」はかなり密な関係があるように感じます。

いや、女だけではない。

 

老若男女が、自分のカンをめいっぱい働かせたなら・・。

それこそ面白く、深みのある世界が出来上がるのではないかと考えてしまう。

 

そして、そういう世界になんだか憧れてしまう。

個人的感想ですが・・。

 


カンを養うお勉強♪お得な早割は3/15まで!!おまとめ割もお得