座談会 『私が健康食を始めたきかっけ』 in 和歌山県田辺市♪

 

お久しぶりです、代表の高野志保です(^_^)/~

 

12月9日、和歌山県田辺市に行ってまいりました。

Bullianダイサポ会員で、今年8月のイベント「Bullian食とヨガの1日」でヨガのレッスンもしていただいた美和子先生のところへ♪

 

 

美和子先生のヨガの生徒さんを中心に、地元の方々にたくさんお集まりいただき、「私が健康食を始めたきっかけ」というタイトルで座談会を。

 

講演や講座ではなく「座談会」ですから、のんびり、和気藹々と、皆さんとの会話を楽しむつもりだったのですが、、、

やっぱり私、いつもの調子で、しゃべり過ぎてしまいました(^_^;)

 

途中、美和子先生が、「皆さん、何か質問は?」と入ってきてくださったおかげで、私の暴走はくい止められた(笑)

 

 

高野先生のことやローフードのことは、美和子さんのFBやお話で聞いていて興味がありつつ「でもこんなミーハーな気分ではやってはいけないんではないだろうか…」と思っていました。

今日の座談会でお話を聞いて、ローフードなり健康なりに対してカチコチだった自分の概念とかが解きほぐされた感じがしました。

自分で視野を狭くしてたのがよくわかりました。

芯の通ったお話ばかりで、聞いていて心地よく、とても勉強になりました!

(ご参加のYさんより)


 

 

美和子ファンの素敵な皆さんとの新たな出会い、気持ちよくお仕事がさせていただけたこと、、、幸せでした♡

 

そして、自然も豊かで最高でした(+o+)♡

 

熊野古道♪

 

桜子ちゃんと、ろっくん★

 

宿「たかはら」からの景色♪ 


 

 

夜は、美和子先生との再会を祝し、いろいろお話を☽

 

それは、まるで、Bullianダイエットサポート「悪い子の飲み会」 in 田辺(笑)

 

 

知る人ぞ笑う。

飲むと、、、

冗談みたいに顔に出る私。

 

真っ赤です・・・(笑)

 

そして優雅に飲む美和子先生♡


 

 

さて。

翌日は神戸へ寄りました(^_^)/~

 

Bullianトライアルクラスにも来てくださった剣護身術の安部先生に、一度ぜひ、私もレッスンを受けてみたいと思っていたのです!!

 

しっかり2時間、プライベートレッスンをしていただきました。

 

 

平和的な事の解決に腕力はいらない。

 

争わなくていい。

勝ち負けではない。

私みたいな、力が無くて小さい女でも大丈夫(笑)

 

大切なのは、いつもしっかり中心を意識しつつ、心静かにリラックスしていること、という教え。

 


 

素敵な知恵、素敵な技術です。

 

私も、まさに和歌山でのローフード座談会で、それをお伝えしていました。

 

健康食も、小手先のあれこれではないのよ!!

 


 

【 リズム感とバランス感覚 】

プライベートレッスンに、以前から親しくお付き合いさせてもらっている名古屋のローフード教室「Bullian Style」主宰の高野志保先生が、神戸までおいで下さいました。

ブリアンのローフード料理の数々にかなりショックを受けたというか、野菜を全然異なる視点から捉えた革新的なその調理法には度肝を抜かれたわけですが、今度はそのお返しをしないといけないと思い、かなり入念にレッスンメニューを構成しました(笑)。

運動経験ほぼ無くて、武道や格闘技には縁もゆかりもない志保先生でしたが、なんの、なんの。
ピアニストでもかなりの腕前の人なので、とにかく勘がいい。リズム感がいい。バランスがいい。
腕力こそありませんが、あれよあれよ...と言う間にメニューをスムーズにこなしてしまう。

これは凄いなと。
精神的に、身体的に調和のとれてる人はここまで違うものかと。
さすがに本質を掴む感覚が秀でてるなあと感心しましたよ。
正直、ここまで教えやすい人は初めてです(笑)。
大変やりやすく、感激でした。

食の新しい未来を知りたい人は是非ブリアン・スタイルをお訪ねすることを強くお薦めします。
業種は違うけれど、剣護身術と、目指すところとか、物事の捉え方にとても共通するところあり。
楽しくて、斬新で、心が躍る素敵な場所です。

 

こんな安部先生からのベタ褒めの言葉も、すべてBullian健康食の効果だということで!!(笑)

 

いいえ、冗談などではなく。

ローフードって、健康食って、、、自分の心と体のバランスをとる、自分と自分以外のいのちとのバランスをとっていく、ということですからね(^_^)v

 

 

数日後、美和子先生からも、あらためてメールをいただきました♡

↓↓↓

 

お疲れさまです(๑>◡<๑)

今日は、中辺路の方々から、『高野先生を紹介してくださってありがとうございます!』と、大量にお野菜をいただきました!

 

↑一部です(笑)


 

ほとんどの方が、先生の本を買っていましたよ(^^)

スムージーしかアタマになかったみたいで、マリネが気になって気になって、本を買わずにいられなかったみたいです(๑>◡<๑)

ポチッとしたかた続出(笑) 

 

皆さん、大興奮で、良かった良かったと話してくれてました♡

本も読みやすいし、わかりやすいし、何より高野先生がキレイすぎる!と。

 

有機野菜はもちろん、固定種や、露地栽培にこだわって自分たちで作ってる若い方が多い地域なんで、ぴったりハマったんですね!

生活の中にローフードあるじゃない♡ て、気持ちがラクになったらしいですよ〜。

 

今度は講演会で来てください!て話でした(^^)

 

 

うううれしい。。。

特に「高野先生がキレイすぎる!」のところヽ(^。^)ノ笑

 

 

座談会当日、ご参加の皆さんの話を聞いていると、「ローフードといえばスムージー!」「まずはスムージーから!」と思っている方々が多く、そこに戸惑いを感じておられるようでした。

 

そんなローフードへの誤解や勘違いも、実際に会って、話して、、という機会をいただけたから判明したこと。

 

BullianStyleに共感してくださっている美和子先生の主催でお集まりくださった皆さんだったからこそ、短い時間でのお話で、スルッと感じていただけたのではないかと思います。

 

貴重な機会を、どうもありがとうございました<(_ _)>♡

 

海も綺麗でした

 

 

巷では、「ローフード初心者はスムージーから!」と言われているのかもしれません。

 

でも実は、そうではありません。

 

確かに、スムージーから始めるのが向いている人もいますが、日頃から料理を丁寧にしていたり、ましてや自分で野菜を作っているような方々なら、今の食生活の中で自然にできることから始めてもらったほうがよいのです。

 

 

スムージーは、「料理ができる人(=レシピに頼らなくても毎日の家庭料理がつくれる人)」にとっては、むしろ難しい。

 

手作業で切る&混ぜる、という原始的でシンプルな調理法を超えて、機械(ブレンダー)を使って高速で瞬時に撹拌するので、撹拌前に出来上がりの状態をイメージできなければなりません。

 

それができるのは、食材1つ1つの質を知り尽くしていて、ある程度の料理のセンスを身につけた上級者。 

 

そうでない人が、最初から失敗無くスムージーを作ろうとすれば、レシピが必要になるのではないでしょうか。

 

レシピが必要だからスムージーが「目に見える1つのパターン」になり、レシピが存在するからこそスムージーが広く伝わっているわけですが、日頃レシピに頼らずに料理をしている人なら、そこに違和感を覚えるのは当然だと私は思います。

 

 

今まで自分で丁寧に料理をしてきている人ほど、まずは(スムージーではなくて)マリネです。

 

自然な暮らしのテンポで、確実に、マイペースで、できれば徐々に深く長く取り組みたい方は、ローフードはRawマリネから始めてほしい!!

 

毎日やってきた加熱調理のおかずの中で「生でも食べられそうだな」と思うものだけを、徐々に、生に変えていってください。

 

難しく考える必要はありません。

ローフードは、普通の、当たり前のやり方で、今すぐに誰にでも始めてもらえるものなのです。

 

私の本にも、スムージーより先にマリネのレシピを載せています。

しかも冒頭のマリネ1品の作り方に6ページ割いて、わかりやすく説明しています。

 

よろしければ是非、ご参考に(^_^)v

 


 

なんか…、たまに書いたら、随分と長ーくなりましたね(笑)