スタッフが仰天した『桃太郎8のトマトシチュー』は、このように出来あがりました。

お久しぶりです。

たまにしか登場しないスタッフともたんです。

 

10月12日に発売した『桃太郎8(エイト)のトマトシチュー』、続々と注文が入ってます。

 

今回の新商品を担当しているのは、智子さん。

 

オンラインショップの商品は、スタッフ会議で検討、試作と試食を重ね、長い道のりを経て出来あがります。

今回は、その長い道のりの一部をご紹介しますね。

 

 

この写真は、ある日のスタッフ会議の模様。

 

新商品のシチューに使うトマト、

『桃太郎8』について熱く語りはじめました。

 

スーパーでよく見かけるトマトは、フツーの『桃太郎』だけど、

飛騨高山の『桃太郎8』っていう、甘くて美味しいのがあって、これが手に入るのよー。

 

智子さんウキウキで語ってます。

 

心なしか自慢げにも見えます(笑)

 

 

智子さんの『桃太郎8』についてのお話が果てしなく続くため、

志保先生は他の案件に移られてしまいました。

 

 

こちらは、先日の会議の模様。

智子さん、今週もまた、ニッコニコでトマトについて語り始めます。

 

トマトのことを考えすぎたせいか、

お召し物まで完熟トマト色(笑)

 

私、来週は「桃太郎8」になってしまうのではないかと非常に心配しております。


 

トマトのことをひと通り話した後は、

 

『プレミアムひらたけ』と、

フツーのひらたけの違いについて。

 

プレミアムな美味しさを語り始めました。

 

  桃太郎8のトマトシチューは、もちろん“プレミアム”ひらたけを使ってます!


 

Bullianの商品たちは、

智子さんの愛情を一心に受けて出来あがるんです。

 

こんな風に見つめられたら、

お野菜ちゃんたちも頑張っちゃいますよね。

 

美味しくならないわけがない!!

 

 


 

さて、こちらが試食会に登場した『桃太郎8のトマトシチュー』

予測を遥かに上回る、衝撃的な美味しさにスタッフ仰天。

物凄いものができてしまいました☆

 

これでも十分、劇的な美味しさなのに、

智子さん、オンラインショップで販売する商品は、

水を足さずに作るって言い出すんです。

 

有名店のシチューでも、缶詰のホールトマトやら、トマトピューレを使ますよ!!

 

それなのに、缶詰は一切使用せず、その上、水を足さずにトマトだけで作るって・・・。

更に美味しくなること間違いないけれど、大丈夫なのでしょうか。

 

 

お水は一切使用せずに作った、智子さんの自慢のシチューは、お値段740円とちょっぴり高めです。

 

普通に『桃太郎8』を購入していては、このお値段で提供できません。

智子さんが生産者さんから直接仕入れたため、ギリギリこの価格に抑えられました。

 

自然のエネルギーと、智子さんの愛情がギューっと詰まった、まさに作品のようなシチューです!

ぜひ、じっくりと味わってお召し上がりいただければと思います。


 

桃太郎8くんも、プレミアムひらたけちゃんも、

このシチューになれたことを誇らしく思っているのではないでしょうか。

 

 

「桃太郎8」が手に入る期間の、限定販売です。お早めにどうぞ!!

 

このプレミアムなシチューは、経験しないと損しちゃいますよ☆