講師体験!☆2016マスタークラス

 

 

はじまりました!!

 

マスタークラス、最終回、第6回は講師体験です。

まずは、どこに何があるかの確認作業・・・。

 

どこに何があるかはわかったけど、ドキドキが増しました。どうしましょう?

 


準備もイチから自分でします。

講師ですからね、あたりまえですよ、わかってますよ。

 

かおり先生までもが、キッチンカウンターの外へ・・。

 

もう、このあたりから、腹をくくった方もいたでしょう。

 

あの志保先生が途中でやめたり、やり方を甘くしたりは・・・ないでしょう。

 

「やるしかない」のです。


 

 

 

 

 こんにちは、Bullianプチスタッフ西田です。

 

マスタークラス・最終回の講師体験。

なんでここで講師体験?

 

それは、やってみた時わかるのですが、その日を過ぎてもわかり続けます。

理由はひとつではないのかもしれません。

 

「あの時やってよかった」・・と、何度も思う時が来るでしょう。

 

 

 

講座の内容を理解することは必須です。

わかってないと伝えられない、言葉にできなきゃわかっているとは言えない。

「ものすごく好き」「とってもイイ❤️」だけでは、いかんのだな。

本当に好きでイイのなら、そこを越えねばならん。

 


 

講座内容の理解以外に、大事な注意点がたくさんありました。

伝える時の態度や流れ、エンターテイメント??な要素にまでソレは及びました。

 

これ↑、今後、何をするにも役立つと私は思うのですけど、いかがですか。

とりあえず、今後のためにメモしといてください(笑)

 

 

講義する人、調理する人、それぞれの担当を責任を持って体験した皆さん、いかがでしたか?

 

ここ数日は覚えたり、練習したり、工夫をしてみたり・・。

とてもタイヘンだっただろうと思います。

 

自分と向き合ったり、食と向き合ったり、エンターテイメントと向き合ったり!

「もう、どうでもいいやん!」とかいう気持ちに、なりませんでしたか?

私は、なりましたけど・・。

 

 

でも、そこが私にとっては一番の収穫だったと思っています。

私の場合、今思えば。

 

 

↑すべてが終了した後は、かおり先生の『ローケーキレッスン』。

 

頑張ったご褒美です♪

 

講師体験後のレッスンは、なんか違うよね。

かおり先生尊敬。

視点が変わります。

 

そして、反省会もキッチリと実施しましたよ。


 

皆さんの緊張した面持ちとは、ウラハラな志保先生の笑顔。

しっかり審査しながらも、チョコチョコと楽しそうなカメラ目線でしたね。

 

嬉しかったりするのかな今日のこの日は。。。と勝手な想像。

 

講師体験すると少しだけわかる。

志保先生がやってきたこと。

ほんの少しだけ。

それで、ちょっと気が遠くなったりもする。

勇ましい気持ちになったりもするし、優しい気持ちになったりも。

 

講師体験は、Bullianstyleへの考え方が少し変わる、

そんなキッカケにもなったような気が、私はしています。

 

 

講師体験が終了すると、いよいよローフードデザイナー検定ですね。

受験者の方、頑張ってください!

 

静かに熱く、応援しております。