いちばんおいしいところ☆2016マスタークラス

 

 

2016マスタークラス、第5回目です。

なんだか早いな。

 

 

こんにちは、Bullianプチスタッフ西田です。

 

 

第5回目は、Bullianstyle調理実習② です。

 

 

前回に引き続きの調理実習

今回もすごかった?

おいしかった?

 

 

ギュギュッと濃密な学びであったことは、皆さんの表情でわかるような気がしています。

 

 

 

中身が濃いとかの前に、壊す作業が大変なのではないかしら。

私はそうでした。

 

「ハ?なんですと?」

と、ひっかかっている時間はない。

イヤ、最小限にしないといけない。

 

 

壊す→入れる

壊す→入れる

壊す→入れる

 

 

なるべく速く、なるべくスムーズに・・・。

 

大丈夫。

私達の身体はそれができるようになっています。

 

 

今回はレシピについて考える時間があったようですね。

 

Bullian、レシピないもんね。

困るよねー。

 

天才でも、魔法使いでもなく、料理が得意でもなければ、もうお手上げです。

 


 

私はとても苦労しました。

その感覚はどのように培うんじゃ・・・と。

そこを教えてくれなければ、ローフード講座ではないではないかと。

 

 

今回の講座で、皆さん、どのような学びがありましたか?

Bullianのレシピの考え方は、まさにBullianstyleではなかったでしょうか?

 

 

レシピの捉え方に、とても素敵な感覚が織り込まれていたことに、私は感動しました。

 

そうです、つくるコトのいちばんおいしいところ』

見逃していたようです。

 

私はローフード講座を嫌々学びました。

健康を害してしまったから仕方なく。

 

なぜ、私だけがお金や時間を使って健康食を学ぶのか?

しかも「本気モードで学んでいる」のか。

なんか可愛くない。素敵じゃない。楽しくない。

 

そう思っていた頃がとても懐かしいです(笑)

 

見逃していたものを夢中になって見ている今の私を、

誰かがどこかで笑っているでしょうか?

 

皆さんの学ぶ姿を見て、そんなことを思いました。

 

 

 

さあ!次回最終回はドキドキの講師体験です。

うわ〜、意地悪な最終回ですね、マスタークラス。

 

でもでも、ここがもっともおいしいところ』

見逃してはいけないところです❤️